賃貸物件の大家になる|賢い経営をするならシェアハウスが吉|流行を取り入れる
つみき

賢い経営をするならシェアハウスが吉|流行を取り入れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件の大家になる

マネー

全部自分でやろうとしない

サラリーマンが副業として賃貸マンションの大家業を始めるケースが増えています。万が一のことが起こっても慌てずに済ませられるようになりたいのであれば、大家業を始めるのが最善の方法です。賃貸マンションの建設資金融資に積極的な銀行が増えてきたことも、副業としての大家業増加に拍車をかけています。ただし、サラリーマンの場合は、本業に支障が出ないように注意する必要があります。副業が忙しくて本業で大きなミスをおかしてしまうようなことがあっては、本末転倒です。そのような事態に陥りたくないのなら、自分1人で全部やろうとはしないことが大切です。一番望ましいのは、自分が担当するのは資金提供だけにして、賃貸管理業務については専門の賃貸管理業者に任せてしまうというやり方です。そうすれば、本業に影響を出さずに賃料収入を確保できるようになります。

業者利用のメリットとは

賃貸管理業者を利用すれば、当然のことながら利用料金がかかります。どれくらいの費用がかかるのかを気にする人が多いですが、業者ごとに料金設定がマチマチになっていますので、一概に言うことはできません。おまけに、どの範囲の管理業務を委託するかによっても、かかる費用が変わってきます。仲介業務と管理業務を一括で依頼する人もいれば、仲介業務だけを依頼する人もいます。また、建物自体を丸ごと業者に借り上げてもらうサブリースという方法を選ぶ人もいます。ですので、正確な賃貸管理費用を知りたい場合は、業者から個別に見積もりをとってみる必要があります。見積もり料金のことを心配する人が少なくありませんが、見積もりを出すだけで費用を請求してくるような業者はまずいません。この賃貸管理費用をもったいないと考える人がたまにいますが、本業が忙しい人や遠方に住んでいる人にとってはとても便利なサービスです。また、賃貸管理業者の利用をマンション建築計画に最初から入れていると、銀行からの資金融資が受けやすくなるというメリットもあります。